現代日本では、老若男女問わず腰痛に悩まされている人が多数います。

日々の生活の中で、腰痛のせいで満足に動けない、したいこともできない、という身体的にも精神的にも辛い経験をした方は多いのではないでしょうか。

腰痛になる原因は?

腰痛は、脊髄や神経、内臓や心因といった様々な由来による複合的な原因で起こります。

腰そのものの先天異常や、成長による影響に伴って起こるものもあれば、腰以外に由来するもの、例えば血管の病気や精神的なストレスによって起こる場合もあります。

言ってしまえば、患者様一人ひとりによって原因は様々で、しかも複数の原因による起こりえる外傷なので、予防や腰痛後の施術が大変重要となります。

腰痛を放置することで起こりえる二次的な症状

腰痛を放置しておくと、身体的にも精神的にも、様々な症状が二次的に発症してしまいます。

例えば日生生活でのなんでもない行動でも腰痛を伴う場合、ついつい腰をかばってしまうことで腰以外の箇所に負担がかかってしまい、体の様々な場所に支障を来す恐れがあります。

また精神的な面では、少しの動作でも痛みを伴う場合は立ったり座ったりといった日常生活すら億劫になってしまい、動きを制限するようになることで筋力が低下してしまいます。

それらが悪循環となることで、腰痛以外にも様々な症状が体に表れ始めます。

そうならないためにも、腰痛の気が少しでもある場合は早期の相談をお寄せください。

東金整骨院の腰痛に対する施術

東金整骨院では、腰痛で来院された患者様に対して、外傷所見がある場合は怪我に対する療法を施します。

柔道整復の療養費算定は、電療料、冷温罨法料、後療法料となります。これらの施術で大抵の痛みを取り除くことができます。

また治りが悪い場合は、尿検査や血液検査といったより専門性の高い検査を行ったり、レントゲン、CT、MRI検査を他病院にて受けて頂きます。

その結果として得られたものを活かし、患者様との相談の上で最良の整骨を根気強く続けていきます。

優先外来
受付中

Page Top