日常生活で発生するような「小さい関節への負担」であれば問題がない場合もありますが、仕事を理由にした「より大きな負担」をかけることを強いられている(過去に強いられていた)場合は、変形性関節症になりやすいのです。

変形性関節症とは?

変形性関節症とは、関節の各部に変形を伴う「関節炎」のことです。一般的な保険療養では「捻挫」として扱います。

例えば症例として多く見られる「膝」の関節症である「変形性膝関節症」があります。両膝の骨の形に差が見られ、症状としては歩き始めに痛みを感じるのが特徴です。

膝だけではなく、負担がかかる関節であればどこにでもなんらかの症状が起こりえます。

股関節をはじめ、頸椎、腰椎、そして手指の関節といった日常的に頻繁に動かす箇所に、症状が表れやすいです。

日常に支障を来す

関節症にも様々ありますが、特に

  • 膝(変形性膝関節症)
  • 股関節(変形性股関節症)
  • 脊柱(脊柱管狭窄症)

に伴うそれぞの関節症は、悪化してしまうと日常生活に支障を来すようになります。

立ったり座ったり、歩くといった日常的な動作にすら痛みを感じるようになり、様々な動作が億劫になると共に、痛みを軽減しようとなるべく動かないでいようとするようになります。

変形性関節症を放置するとどうなる?

体の関節を動かさないということは、筋肉を動かさないということです。筋肉を動かさないと、体はみるみる弱ってしまいます。

そうならないためにも、関節症による痛みを感じたときは、なるべく初期の段階でケアを始める必要があります。

悪化して日常生活に支障を来すことになってしまう人のほとんどが、初期の段階でのケアを行わず我慢することで、結果的に放置することとなってしまっています。

例えば「膝」を痛めてしまう人の多くはお忙しい人です。つまり、日常生活で考えられる膝への負担の「度」を越して、より多くの負担を膝にかけていることになります。

そして結果的に「人工関節」や「骨棘切除術」を必要とするまで、放置してしまいます。

膝をはじめとする体の要所要所の関節は「日々の変化」に対して非常にデリケートです。痛みを含め、なんらかの異常を感じたときには、なるべく早く施術を受けることをオススメします。

東金整骨院の変形性関節症に対する施術

関節症に対する当院の施術は、必要に応じて

  • 電気療法
  • マッサージ
  • 針施術
  • 温灸

を行います。

電気療法とマッサージでは、患部となる関節部分の血流が良くなるように促し、針施術や温灸は事故免疫力を高め、軟骨の再生力を向上させることを目的とした施術です。

各部の関節は非常にデリケートなので、当院に来院しているとき以外にも、こまめなセルフケアが必要となります。そして、治りにくいという印象が強い変形性関節症は、変形を進行させないための、炎症の管理が最も大切になります。

炎症が強いときには発熱するので、発熱を抑えるためのアイシングが重要です。

逆に疼く痛みのときには、血流を良くするために撫でてさするようなマッサージが必要となります。

歩行に痛みを伴う場合は、患部に合ったサポーターで圧迫することで、歩行のための支持力を増やすことに繋がります。

そういった、患者様や患部、症状に合ったセルフケアの方法等も、アドバイスしております。

関節症については、どこの整骨院に行っても「加齢の一言で済ませられた」と、諦めてしまう方が大勢います。そんな方にこそ、当院の施術とアドバイスを受けてほしいと考えています。

優先外来
受付中

Page Top