お知らせ

お知らせ

健康新聞12月号を掲載しました

 健康新聞12月号は、頸椎捻挫と関節内整復です。

頸椎捻挫と関節内整復

むちうちとは「頸椎(首の関節)」に何らかのズレが発生している状態です。

「むちうち」とは正式な名称ではなく、診断名は「頸椎捻挫」や「頸椎損傷」となります。

その名の通り、首の「頸椎」部分に衝撃や負担を負うことで、発生する症状です。

通常は吸着性で保たれている関節部分に「ズレ」が生じているので、ケアせずに放置しているとズレたままになってしまい、支持力の弱い関節となってしまいます。

例えば仰向けで寝た状態から起き上がるときに首が支えられず、痛みが生じることで起き上がることすら困難になるケースもあります。

同じ関節の症状でも、「突き指」は腫れるので症状として目に見えやすいですが、「むちうち」は目には見えません。

首は筋肉に包まれているので、症状として目に見えにくいのです。

 当院では、むちうちや頸椎を痛めた場合のケアとして、上から下に寄せるように関節内の整復を行います。

通常、関節は骨と骨が吸いつくようにできているので、ズレが生じた関節を元に戻すためのケアを行います。

そうすることで、動きやすい関節を取り戻すことに繋がるからです。

また、むちうちは後遺症が酷いとよく言われますが、その原因はケア不足によるものです。

良い状態を体が覚えるまで、諦めずにケアを続ける必要があるのです。

お気軽にお越しください

東金市にてスポーツ障害・骨盤矯正・鍼灸・保険外治療をご希望の方は、東金整骨院にお越しください。

当院では、小さなお子様、子育て世代からご年配の方まで、幅広い世代の身体の痛みや不調に応えます。

その他のお知らせ

もっと見る

優先外来
受付中

Page Top